プロが行なう蜂の巣退治~被害が多くなる時期があります~

蜂の巣退治には適した時期がある!~きちんと把握しましょう~ 蜂の巣退治には適した時期がある!~きちんと把握しましょう~

蜂の注意が必要な時期と退治の方法

ハチの巣

自宅に蜂の巣が作られた場合、特に注意しないといけない時期があります。蜂の種類によって被害に遭いやすい時期は異なるのです。そのため、自宅に巣を作っているのはどんな蜂なのかを考えててきちんと警戒しましょう。被害が多い時期を紹介します。

蜂による被害が多い時期

  • スズメバチ・・・7月~10月
  • アシナガバチ・・・8月~9月
  • ミツバチ・・・10月~11月、2月~3月

上記したように、蜂の種類によって被害が多い時期は異なります。特にスズメバチは危険な時期が長く、注意が必要です。では、どうしてこの時期に被害が多くなるのでしょうか。実は、こうした時期の蜂は凶暴になっているため、こちらが危害を加えなくても巣に近づいただけで攻撃してくることがあるのです。自宅に巣がある場合でも、気付かずに近づいてしまうかもしれません。被害が増える時期は、特に気をつけておきましょう。

蜂の巣退治の方法

業者が蜂の巣退治を行なう場合、安全を確保するため近隣住民の人に注意を呼びかけ、依頼主も室内に避難してもらいます。凶暴になった蜂は作業を行なう人だけではなく周囲の人にも攻撃してくるためです。作業を開始するときには、まず初めに網を使って巣を押さえます。その後、風上から殺虫剤を構え、巣の内部に向けてしばらくスプレーを噴射します。殺虫剤がかかった蜂はすぐに死んでしまいます。噴射を行なうと蜂が巣から飛び出し攻撃的になりますが、防護服を着て行なうため安全です。噴射が完了し、蜂の活動が止まった後は蜂の巣を落とします。その後、蜂の巣と周囲に落ちている死骸をまとめてゴミ袋に入れ、作業は完了です。

TOPボタン