蜂の巣退治の後はしっかり予防を~営巣時期の対策~

蜂の巣退治には適した時期がある!~きちんと把握しましょう~ 蜂の巣退治には適した時期がある!~きちんと把握しましょう~

蜂の巣が出来る時期とは

蜂の巣退治をした後は、巣を再び作られないようにきちんと対策を行ないましょう。女王蜂を退治した場合でも、蜂が好む環境が整っていると別の蜂に営巣されることがあります。営巣時期に警戒することで再発を防ぐことができます。

蜂の巣作りが始まる時期とできやすい場所

太陽

蜂が好む営巣場所は外敵や雨風、直射日光から身を守れる場所です。例えば、ベランダや軒先、あまり使われていない室外機などに巣を作りやすいです。また、人が近寄らない場所も好む傾向があるので、巣作りされやすい場所をしっかり見張ることが大切です。営巣時期は、4月から6月頃が多いのでこの時期は特に警戒しましょう。短期間で巣を作ってしまうので、うっかり見逃してしまうとまた蜂の巣退治が必要になります。

種類によって違う営巣時期

スズメバチ
営巣を始めるのは4月から5月頃です。巣の作り始めは女王蜂1匹のみで働き蜂はいません。万が一巣を作られた場合は巣が大きくなってしまわないよう、なるべくこの時期に蜂の巣退治を行ないましょう。女王蜂を退治することで被害の拡大が防げます。蜂を退治するのが難しい場合は蜂が離れた隙に巣を壊し、殺虫剤を吹きかけてください。
アシナガバチ
アシナガバチは、4月の半ばから5月にかけて営巣を始めます。この時期は特に警戒して巣を作られないようにしましょう。特に、去年巣を作られたのにきちんと蜂の巣退治ができなかったという場合は注意してください。アシナガバチは他の蜂に比べて記憶力がいいため再発しやすいです。もしも、作られた場合は女王蜂が1匹で活動している間に退治しましょう。
ミツバチ
ミツバチの場合は新しい巣を時期によって作るのではなく、新しい女王蜂が生まれたときに作り始めます。これは分蜂と呼ばれるもので、元の女王蜂が働き蜂を半数ほど従えて新しく別の場所に営巣します。アシナガバチやスズメバチとは異なり、営巣するときは既に女王蜂以外の働き蜂も多くいるので注意が必要です。

TOPボタン